テーマ 「猫アレルギーについて」

 

今回のテーマは、当キャッテリーでのお問い合わせが比較的多い内容になっております。

 

一般的に猫さんは、アレルギーがあるといわれておりますが、アレルギーが故に「好きなのに飼えない」と諦めておられる方がいらっしゃるようです。

 

そんな方に必見の情報になりますので、ご一読なさって下さい。

 

サイべリアンは、アレルギー物質が他猫種に比べて少ないという研究結果がでております。

 

 

そもそも猫アレルギーを引き起こす要因物質は、「Feld1」「Feld4」という猫の唾液や皮脂膜から分泌されるたんぱく質が原因であるようです。

 

そのたんぱく質成分が、空気中に浮遊することにより、間接的に飼い主などに接触することにより発症、猫との直接的な接触により感染し発症するなど様々な環境下で、猫アレルギー症状を引き起こします。

 

これらの要因物質である「Feld1」の濃度の数値を測定する研究が海外で行われ、ミックス猫やアビシニアン、そしてサイべリアンの数値を測定したところ、サイべリアンの「Feld1」の数値が極端に少なかったとの研究結果を発表しました。

 

その後、米国「SIBERIAN RESEARCH社」という非営利団体が、上記研究ではサンプル数が少ないことから、数百頭のサイべリアンの唾液から「Feld1」濃度の数値を測定し、「50%のサイべリアンがミックス猫よりも数値が少なかった」という研究結果を発表しました。

 

しかし、残りの50%のサイべリアンは、ミックス猫と同等またはそれ以上の数値を測定した猫もいたようです。

 

この結果から、個体差はあるものの、サイべリアンは「Feld1」濃度が他の猫種と比べ、平均的に低いということが言えそうです。

 

さらに同社は、以下のような研究結果を発表しております。

 ・メス猫の方がオス猫より数値が低い

 ・未去勢のオスの方が、去勢オスよりも数値が高い

 ・毛色が濃い猫の方が毛色が薄い猫よりも数値が低い

 

米国では、サイべリアンのほかに、ラガマフィンもアレルギーフリーの猫種として、ブリードされているという説もあります。

 

わたくしの家族も猫アレルギーを持っておりますが、日々の生活から発症することは殆どありません。

 

最近、お客様の中には、「猫アレルギーはあるけれど、抱っこして試してみたい」と当キャッテリーをご見学される方が多くなってきており、ご見学されたお客様の殆どが全く猫アレルギー症状が見られず、仔猫さんをお迎えになられております。

 

猫アレルギーがある方、疑いのある方で猫が好きなのに猫アレルギーが故に飼うのをあきらめている方へ、サイべリアンやラガマフィンは、「猫アレルギーが少ない猫」「猫アレルギーをお持ちでも一緒に日常生活を送ることの可能性を秘めている猫」であると自負しております。

 

さらに、上記研究結果から「避妊済メスの毛色が濃いパターンの仔猫」を選ばれますと、キャットライフという希望の光が見えてくるかもしれません。