ピルビン酸キナーゼ

欠乏症(欠損症)


ピルビン酸キナーゼ欠乏症とは

遺伝性溶血性貧血とも言います。

ピルビン酸キナーゼという酵素が足りなくなり、赤血球が破壊されて貧血が起こる病気です。
ピルビン酸キナーゼは、体内のエネルギーの保存(ADP→ATP)に働きかける酵素で、これが足りないとATPの産生が減少してしまいます。ATPが減少すると赤血球から水とカリウムが逃げてしまい、赤血球が脱水し、縮み、キレイな球状の形を保てなくなり、やがて壊れてしまいます。赤血球はどんどん骨髄や脾臓などで作られますが、壊れるペースが速いために追いつかず、貧血を引き起こしてしまいます。
猫のピルビン酸キナーゼ欠乏症は、生後2〜3ヵ月齢以降に慢性的な貧血が現れます。

猫は慢性的な貧血に体が慣れてしまっているため、無症状な場合が多いです。

症状

口の粘膜や舌の色が薄く白っぽくなる(貧血)、食欲低下、疲れやすく運動を嫌がる、呼吸や脈が速い、赤茶色の尿(ヘモグロビン尿)をするといった症状がでます。

好発品種

若齢な猫に発症が多く、好発品種はアビシニアン、ソマリが挙げられます。

そのほか、ベンガル、エジプシャンマウ、ラ・パーマ、メインクーン、ノルウェージャンフォレストキャット、サバンナ、サイベリアン、シンガプーラなどでも発症する可能性があります。