譲渡時期について


■札幌市内及び近郊在住の方は、生後56日(生後2か月)~

■札幌市及び近郊在住以外の方は、生後84日(生後3か月)~

将来的な里子の福祉を最優先し、良質なサイベリアンをお譲りしたく、譲渡可能な月齢を定めました。

  1. 仔猫は成猫と比べ、メンタル面やフィジカル面において非常に未発達です。

  2. 免疫抗体も十分に備わっておらず、疾病の発症率が遥かに高くなります。例えば、成猫では風邪で終わる病気も仔猫では重症化し、成猫なら1週間程度で完治する病気も完治することなく慢性的な疾患に陥り、最悪死に至ることも稀なことではありません。
  3. 社会適応能力は、社会適応能力自体が未確立であり、環境の変化によるストレスの耐性がありませんので、様々な健康面のリスクを伴います。
  4. 特にこの時期は、母親から十分な愛情を注ぎ、母猫が仔猫に社会性を伝授していく重要な時期です。その為、この段階で、母猫と仔猫を引き離すことは、十分な愛情を注がれることなく、社会適応能力が未確立のまま里親に託すという結果となり、将来的に様々な不適応な行動を引き起こす可能性が遥かに高くなります。例えば、「粗相が絶えない」「里親に馴染まない・性格が攻撃的」「先住猫と適応できない」「虚弱体質・病気の慢性化」などです。